monoZソフトウエア開発キット

monoZ SDKは、ハードウエア、周辺機器、 必要なアプリケーション、通信プロトコルをワンクリックで設定できます。よってユーザはコアアプリケーションの開発に専念でき、コーディングにかかる時間を数カ月から数週間に短縮できます。

ユーザのニーズに合わせてカスタマイズ可能

Created with Sketch.

モデム

モデムのMurata-1WG、Quectel-BG96、Simcom-7080Gに対応したライブラリで、あらゆるアプリケーションや通信 プロトコルに対応

周辺機器

USART、LPUART、I2C、SPI、CAN等の周辺機器に対応したライブラリで、ユーザはシンプルなAPIでセンサーデータを取得可能

プロトコル

アプリケーション層のプロトコル(LwM2M、MQTT、HTTP)と通信層のプロトコル(TCP/UDPまたはNIDD) を処理するライブラリ

事前設定済みのHWとOS

STMドライバ、CMSIS V2ベンダドライバ、および全ハードウエアドライバはmonoZ SDKがあらかじめ設定しています。monoZハードウェアはFreeRTOS上で動作し、monoZ SDKはカーネルと内部ライブラリを内部処理します。

接続検証済みの為、導入時のテスト期間を短縮

monoZ SDKのライブラリは、各モデムチップや、各IoTプラットフォームとの接続検証済みです。SDKを利用すれば、製品コーディングのテストにかかる数カ月の時間を節約でき、市場投入までの時間 (Time To Market) を短縮できます。

複雑な機能をシンプルなAPIで実現

monoZ SDKのデバイスAPIを使用すると、ユーザーアプリケーションとmonoZ SDKライブラリが簡単に連携できます。APIはデバイスレベルで設計されているため、モデムやプロトコルに変更があっても、ユーザーアプリケーションの構造を一定に保つことができ、簡単に複数のハードウェア上で実行することができます。

monoZ SDK: Clickコンフィギュレータ

monoZ Click デスクトップ アプリケーションは、I/O、プロトコル、モデム要件、その他の基本機能を設定するポータルです。生成物は、必要な全てのヘッダファイルやライブラリを含みSTM32 CubeIDE環境に素早く簡単にロードできます。

メシモ でデバイスをクラウドに接続します

monoZは主要なネットワークプロバイダーと提携しており、ビジネスニーズに基づいていくつかの接続オプションから選択できます。

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website.