IoTネットワーク測定

背景

セルラーIoTデバイスは安定的なサービスを実現するために、設置場所での電波測定を実施することが非常に重要です。Cat-MやNB-IoTのサービスは、通常のセルラーサービスとカバレッジが異なります。設置場所で利用するカテゴリを使用し、通信品質を確認することで、より安定したIoTサービスの提供が実現できます。

課題

  1. Cat-MやNB-IoTネットワークに接続し、電波強度・品質情報を定期的に取得。
  2. IoTプロトコル(MQTT, LwM2Mなど)を実装し、IoT PFとの接続性確認。

ソリューション

  1. WiFi Web UI: 測定結果は、デバイスに実装されたWi-Fiを使用し、スマートフォン、タブレット、PCのブラウザから、容易に確認できます。
  2. 判定機能:モバイルに精通していない工事担当者の方でも、設置場所の電波品質を容易に確認・判断できる様、閾値に沿った〇△×の結果表示します。
  3. 接続性試験:IoTプロトコルを使用し、一定間隔で連続した接続を実施し、接続性の確認が可能です。

Project Details

monoZ ソリューション

monoZ Cellular IoT Field Tester device

業界

ネットワーク測定および統合

技術

LTE Cat M, NB-IoT, Wi-Fi

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website.