環境監視

背景

環境センサは、様々な場面で利用されており、IoTデバイスとして最も利用されています。

昨今のパンデミックにより、室内のCO2濃度の監視は、より重要になっています。

また、食品や薬品輸送時の環境モニタリングもニーズが高まっています。

monoZの提供する環境センサは、monoZeroをベースとし、様々なユースケースに対応でき、短期間・低コストでのPoC実施に貢献します。

またCentra-IoTを利用し、デバイスからのセンサデータをクラウドで可視化することができます。

課題

  1. SDKによるファームウェア開発
  2. E2E(End 2End)によるセンサーデータの可視化

ソリューション

  1. monoZero Sensor board: CO2濃度, 温度, 湿度, 気圧,照度, UVレベルなどの環境センサを搭載したボード。
  2. monoZ SDK libraries:monoZ SDKを利用したファームウェア開発により、開発期間を大幅に短縮。
  3. Centra-IoT : デバイスからのセンサ情報を、Centra-IoTにて可視化。.

Project Details

monoZ ソリューション

monoZ: ハードウエア

monoZ: SDK

monoZ: クラウド – Centra-IoT PE

業界

環境測定

技術

Cloud, NB-IoT(LWM2M over NIDD)

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website.